ロシア、米国、EU、ウクライナの外交担当者 来週会談

アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表は8日夜に開かれた記者会見で、ウクライナ情勢の沈静化に向けた外交努力を続けると発表した。

 伝えられたところによると、アシュトン氏は来週、ロシアの外相、米国務長官、ならびにウクライナの代表者らと会談し、ウクライナ問題について協議する意向。

 アシュトン氏は、ウクライナ東部のハリコフ、ドネツク、ルガンスクなどで反政府デモの参加者らが行政庁舎を占拠したことなどを受け、東部の状況を注視しているという。

 

ロシアの声」より転載