ユニークなジャンプのコンビネーションを披露したプルシェンコ

オリンピックで2回チャンピオンの座に着いたエフゲニー・プルシェンコは2月12日、アイスバーグ・アリーナの予備リンクで行なわれた公式練習に参加した。プルシェンコは、彼の最も有名なコンビネーションである4回転トーループ、3回転トーループ、3回転ループを跳んだ。

 公式練習中、プルシェンコは4回転ループと3回転ループを続けて跳び、小さなミスをした。4回転トーループとトリプルアクセルでやや苦戦したものの、彼はほとんどのジャンプをこなすことが出来た。

 「公式練習では予定通り滑りました。」プルシェンコのコーチ、アレクセイミーシンは言った。いくつかミスはあったが、責任とプレッシャーが多い自国での五輪に参加するのは難しい事であると、彼は付け加えた。

 木曜日、男子フィギュア個人のショート・プログラムが行なわれる。ロシアで唯一の参加者であるエフゲニー・プルシェンコは第二グループで一番目に滑走する。