ロシアと日本 宇宙で共同実験

貨物輸送船プログレスM22Mは、国際宇宙ステーション(ISS)に、医学生物学実験のための金魚などが入ったコンテナを届ける。

 宇宙開発企業「エネルギア」のブラコフ氏によると、これは日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)とロシア科学アカデミー医療生物学問題研究所が行う共同実験『アクアリウム』のためのもの。ブラコフ氏は、「学術実験『アクアリウム』は興味深い学術実験だ。ISSへ送られる金魚では、魚類の胚発生や無重力空間での骨格筋の変化に関する研究が行われる」と語った。

 

「ロシアの声」より転載