ロシア国民管弦楽団が世界11位

クラシック音楽愛好家の間でもっとも人気のあるポータルサイト「バッハトラック」で、世界のオーケストラ上位20位が選ばれた。ニュース・ル通信がこれを伝えている。ミハイル・プレトニョフが指揮をとるロシア国民管弦楽団は、11位にランクインした。

 1万2000人のユーザーの投票で1位に選ばれたのは、クリーヴランド管弦楽団。得票率は20.3%だった。

 417楽団の中から上位20位が選ばれるこの投票で、11位は好結果である。ロシア国民管弦楽団の後に、ピッツバーグ交響楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、シカゴ交響楽団などのオーケストラがランクインしている。

 

元記事(露語)