APECサミットが作業開始

インドネシア、バリ島ではアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が作業を開始した。

 サミット開幕は9月にサンクト・ペテルブルグで開催されたG20サミットの議長国であったロシアのプーチン大統領が行う。APECサミットの会議は非公開形式で行われるのが恒例となっている。

   開幕の辞の後、プーチン大統領はサミットのホスト役を務めるインドネシアのユドヨノ大統領と個別会談にのぞみ、APECビジネスサミットでアジア太平洋地域の堅実かつ長期的経済成長の新たな根源について演説を行った後、日本の安倍首相と会談を持つ予定。このほかに中国の習国家主席との会談も行われる可能性がある。

   経済問題のほか、フォーラム参加者らはシリア問題を討議するが、ロシア代表団からは、シリア紛争調停に関する新たな発案は行われない。

 

(「ロシアの声」より転載)