ラブロフ外相 「国際会議『ジュネーブ2』を開催する必要」

ロシアのラブロフ外相は、モスクワでシリアのムアレム外相と会談し、シリア問題に関する国際会議「ジュネーブ2」を開催する必要があると改めて強調した。

 ラブロフ外相は、「我々は国際会議「ジュネーブ2」の開催に関するロシアと米国の提案を推進する」と述べ、会議の開催および2012年6月30日のジュネーブ・コミュニケの実施について反体制派と合意に達する必要があるとの考えを表した。

 ラブロフ外相はシリア問題について、軍事的解決はなく、平和的解決以外はないと指摘し、ロシアの立場は明確であり、情勢の変動に左右されることはないと述べた。

 

「ロシアの声」より転載