プーチン大統領 民間投資の促進 世界経済の最重要課題のひとつ

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はペテルブルグで開かれているG20サミットで声明を表し、特にインフラ部門をはじめとする民間投資の呼び込みは、世界経済発展にとっての最重要課題のひとつであると指摘した。

 以前から各国首脳はこの問題に注目しており、労働市場の発展についてもプーチン大統領は、質の高い義務教育への自由なアクセスを拡大させる必要性を指摘した。また若者を含めた企業活動発展のため、環境整備を進めることにも触れている。また雇用者と労働組合が妥協していくために政府が直接関与していくことによってのみ、効果的な政策が実現されるとしている。

 

「ロシアの声」より転載