河野 克俊・海上幕僚長が訪露の意向

日本の防衛省の発表によると、日本の海上自衛隊のトップである河野 克俊・海上幕僚長が、8月25~28日にかけて、ロシアを訪問する意向だ。タス通信が伝えた。

 河野 海上幕僚長は、ヴィクトル・チルコフ・ロシア連邦海軍総司令官と会談するほか、サンクトペテルブルクのバルチック艦隊の基地(クロンシュタットのレニングラード海軍基地)を訪れる予定。

 この訪問が実現すれば、最近13年で初めてのケースとなる。

 昨日22日にロシア外務省は、 「ロシアと日本は、露日外務・防衛担当閣僚級協議(2プラス2)の準備を行っている」と発表していた。

 

元記事(露語)