ロシアのミサイル部隊、臨戦態勢の抜き打ち検査

ロシア戦略ミサイル部隊の「臨戦態勢抜き打ち検査」が22日、始まった。今回の対象はオレンブルグ部隊。国防省が発表した。

 モスクワ時の早朝4時、オレンブルグ部隊および2つのミサイル部隊に警戒令が出された。検査は27日まで続く。

   演習では軍事パトロールのためのミサイル部隊の移動ルートの策定、部隊の未舗装地帯への展開、また戦争に限りなく近づけた状況における保守管理などが試験される。

 

(「ロシアの声」より転載)