裁判所はナバリヌイ氏の有罪を立証した

アレクセイ・ナバリヌイ氏は、10年以下の自由剥奪刑を見込んでいるロシア連邦刑法第160条(公金の横領もしくは私消)を犯した罪に問われている。

 検事は、先にナバリヌイ氏の自由剥奪6年および罰金100万ルーブルを求刑した。

 セルゲイ・ブリノーフ判事は、判決文を読み上げるなかで、キーロフ市のレーニンスキイ裁判所はキーロフ州国営単一企業「キーロフレス」の資産横領事件でアレクセイ・ナバリヌイ氏とピョートル・オフィツェーロフ氏の有罪を立証した、と述べた。

 

元記事