石油採掘 ロシアで25年ぶりの記録的数字

6月の時点で、ロシアにおける石油採掘は日量1053万バレルとなり、1988年以来の記録的数字となった。「ヴェードモスチ」紙が本日伝えた。ロシアは日量947バレルのサウジアラビアを追い抜くこととなった。

 それによれば、背景として「ロスネフチ」がクラスノヤルスク地方のワンコルスク油田における採掘を伸ばしたこと、および「ガスプロム」が採掘を拡大したことなどがあるという。

   昨年、ロシアでは日量平均が1037万バレルとなっていた。

 1988年、ソ連における石油生産は日量1107万バレルだったが、その後落ち込み、1996年には606万バレルとなった。1990年代中ごろにはロシアにおける石油採掘が再び上向きとなったが、2000年代中ごろから成長テンポが急激に鈍化していた。

 

(「ロシアの声」より転載)