ロシア正教会 聖霊降臨祭を祝う

ロシアでは23日、聖霊降臨祭が祝われている。ロシアの正教会は23日、魂の蘇りを象徴する新鮮な植物が飾られる。

 父、息子、聖霊の三位一体の位格を讃える聖霊降臨祭は、イエス・キリストの復活から50日後に、使徒たちの上に聖霊が降臨した出来事を記念している。

   人々は聖霊降臨祭に合わせて家を掃除し、清潔を保ち、部屋には訪れた春や繁栄などを象徴する若草や緑の葉が付いた枝を飾る。白樺、カシ、ナナカマドなどが飾られることが多い。聖霊降臨祭の日の朝は、祝賀礼拝が行われ、信者たちは、降臨する聖霊を通して蘇ることを象徴する香しい若草や木の枝、花などを持って教会に訪れる。

 

(「ロシアの声」より転載)