ISS ロシアの宇宙貨物エンジンのドッキングに成功

ロシアの飛行管制センターが8日、ISSの軌道を上方に2,6km修正するオペレーションを行った。ISSの平均高度は地上41万3800kmに達した。

 軌道修正を実行したのは、ISSにドッキングしたロシアの宇宙貨物エンジン「プログレスM-19M」。

   今回の軌道修正は、有人宇宙船「ソユーズTMA-07M」「ソユーズTMA-09M」のドッキングのための作業環境を作る目的で行われた。

   前者(TMA-07M)はISSから宇宙飛行士ロマン・ロマネンコ(ロスコスモス)、トーマス・マシュバーン(NASA)、クリス・ハードフィールド(カナダ宇宙局)各氏を乗せて、5月14日、地球に帰還する。

   続くTMA-09M(5月29日、バイコヌール宇宙基地から打ち上げ)で、新たなクルーがISSに届けられる。

 

(「ロシアの声」より転載)