カムチャッカ 日本からの渡り鳥の放射能汚染状態モニタリング開始

ロシア農業監督庁の専門家らは、春の狩猟シーズンを前に、日本で越冬した渡り鳥の放射能汚染状態のモニタリングを開始した。

 カムチャッカ地方では4月の末、野生の渡り鳥に対する狩猟が解禁される。カムチャッカ半島には、日本などで越冬した173種もの鳥達が渡来する。毎春、同地方では、数百羽の雁、6万羽以上の鴨のみの狩猟が公式に許可されている。

  ロシア農業監督庁の専門家らが、渡り鳥の放射能汚染検査を始めてから、今年で3年目になるが、それ以外に、狩人達は、自分達が仕留めた獲物が放射性に汚染されているかどうかを、監督庁の専門家に無料で調べてもらう事もできる。

  これまでモニタリング実施期間中に、放射能汚染された渡り鳥が見つかった事はない。しかし、たとえわずかでも放射線量が適時発見されれば、人間の生命や健康に重大な影響を与えるのを避ける事ができる、としてモニタリングは注目されている。

 

「ロシアの声」より転載)