ボストンマラソンのテロ事件、プーチン大統領が米大統領へ弔電

プーチン大統領はボストンで起きたテロ事件をうけ、オバマ米大統領へ電報を送り哀悼の意を示した。ロシア大統領府によれば、プーチン大統領は電報でテロを野蛮な犯罪と断固として糾弾し、テロと闘うには国際社会全体が積極的に尽力を協調せねばならないと語っている。プーチン大統領は、ロシア連邦は米国政権が事件の究明を行う際、必要であればそれに協力を行なう構えがあると強調している。

 米国の発表ではボストンマラソンで起きた2度の爆発で幼い子どもを含む3人が死亡。負傷者の数も144人に上った。そのうち17人は重体。

 

「ロシアの声」より転載)