プーチン大統領 メディアでの卑猥な罵言への罰金を導入

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、マスメディアでの卑猥な罵言に対して行政罰を科す法案に調印した。月曜、クレムリンのウェブサイトが報じた。法案は既に議会の承認を得ている。

 同法は、卑猥な罵言を含むメディア作品を製作・頒布する行為に行政罰を科すもの。罰金は、一般人に対しては3000ルーブル(約100ドル)、職業としてそれを行う者には5000から2万ルーブル(167から667ドル)、法人には2万から20万ルーブル(6700ドルまで)。

   この法案が採択されるきっかけは、市民からの苦情である。なお、卑猥な罵言の使用に関して最も頻繁に寄せられた苦情はテレビ番組に関するものであった。

 

(「ロシアの声」より転載)