プルシェンコがサハリンで開幕式

オリンピック金メダリストで、世界選手権で3回優勝した経験を持つ、フィギュアスケート男子シングルのエフゲニー・プルシェンコ選手が、サハリンのスケート場「クリスタル」の開幕式に出席する。

 プルシェンコ選手はイスラエルで人工椎間板置換術(じんこうついかんばんちかんじゅつ)を受けて、現在はリハビリを続けている。それでも最近は公の場に姿を現わすようになり、4月6日には新しいスケート場の除幕も行う。

 このスケート場は体育館「クリスタル」として使用することも可能で、ロシア極東地域有数の大きな施設となる。アイスホッケー、フィギュアスケート、重量挙げ、体操、ダンス、チェスボクシングなどの施設としても使用される予定。また、コンサート会場や、大きな競技大会の会場としても使うことができる。

 「豪華なスケート場の開幕式に招待されたことをありがたく思う。我々はフィギュアスケートを発展させ、青年や児童のスポーツを支援しなければならない。これを実現していることは素晴らしい」とプルシェンコ選手は5日にコメントした。まだ滑ることはできないため、妻のヤナ・ルドコフスカヤさんと司会役を務める。

 

ロシア通信参照記事。