2010年 モスクワ地下鉄爆破テロ事件

ロシアの首都モスクワで29日、2010年3月29日に発生した地下鉄爆破テロで死亡した犠牲者の追悼式典が開かれている。テロ事件では、数十人が犠牲となった。

 地下鉄「ルビャンカ」と「パールク・クリトゥーリ」の2箇所で朝の通勤時間帯に爆発が起こり、40人が死亡、およそ160人が負傷した。停車中の車両で自爆テロ犯が爆発を起こした。当時地下鉄は、大勢の利用客で混雑していた。

   「ルビャンカ」駅では、TNT換算でおよそ4キロ、「パールク・クリトゥーリ」ではTNT換算で約2キロの爆発物が使用されたとみられている。

 

(「ロシアの声」より転載)