カムチャッカ 火山灰を高度6kmに噴出

カムチャッカのシュヴェルチ火山が海抜6kmの高さまで火山灰を噴出したことが計測された。

 近隣住民への危害はない。近隣居住区への火山灰の下降は認められなかった。土曜、シュヴェルチ火山では、局所的な地震がおよそ90回観測されている。

   シュヴェルチ火山はカムチャッカの火山のうちで最も北に位置し、最も活発なもののひとつである。

 

(「ロシアの声」より転載)