ソチのスキー場 テスト・トーナメントが開幕

ソチのスキー場「ローザ・フートル」で国際パラリンピック委員会のスノーボード・クロス選手たちのテスト・トーナメントが開幕した。この大会はパラリンピック出場者たちの選手権ファイナルを先駆けるものとなる。

 補助スノーボードはソチ冬季パラリンピックで初めて正式種目となる。20人以上の選手がスノーボード・クロスの国際トレーニングに参加する。

   国際パラリンピック委員会の世界大会ファイナルには、20ヶ国から120選手が参加する。同委員会主催の世界大会の覇者マリー・ボシェ(フランス)やアレクサンドラ・フランツェワ(ロシア)、ホン・サンタカナ(スペイン)、クラウジヤ・リョーシ(オーストリア)、タイキ・モリイ(日本)の各選手らが参加する。

   今シーズンはロシア選手らがリーダー役である。アレクサンドラ・フランツェワ選手は2013年の世界選手権で金メダルを3つ獲得しているし、23歳の若手アレクサンドル・アリャビエフ選手は世界選手権の2011・12年の男子総合成績で2位につけ、スラロームの得点では1位に輝いている。

   3月6日、「ローザ・フートル」で、国際パラリンピック委員会のスノーボード・クロス選手権が行われる。8日・9日はダウンヒル、10日にはスーパー・コンビネーションおよびスーパー・ギガント、11日にはスラロームの選手権が行われる。

 

(「ロシアの声」より転載)