QRコードを使ってモスクワの歴史を学ぶ

古いモスクワの邸宅のいくつかには白黒の標識が現れたが、それは遠くから見るとまるで迷路のようだ。これはQRコードで、誰がいつ建物を建設したのか、以前には何に使われていたのか、そして今は何の建物なのか、すべて知ることが出来る。そのためには携帯でQRコードを撮影するだけでいい。

 また建物の歴史だけでなく、オーディオガイドや昔の写真も見ることができる。モスクワ政府はさらにこのプロジェクトを発展させる意向で、ちかく通りの標識などにもQRコードが設けられる。

 

(「ロシアの声」より転載)