ドストエフスキーの命日 サンクトの博物館で各種イベント

9日はドストエフスキイの命日にあたっているが、サンクトペテルブルグにあるドストエフスキイ博物館では、彼をテーマにした映画の上映会や講演会が行われる。

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーは、1821年11月11日モスクワに生まれた。彼の最初の作品「貧しき人々」が出版されたのは1844年で、彼はたちまち人気作家となった。ドストエフスキイの人生行路は決して平坦なものではなく、彼は内的模索を生涯続けたが、我々は、そうした努力の反映を「白痴」「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」といった名作の中に見る事ができる。

ドストエフスキーは、1881年2月9日、この世を去った。

なおサンクトのドストエフスキー博物館の館長は、リア・ノーヴォスチ通信記者に対し「作家の命日は、伝統として、館員らが彼の墓に赴いて花を捧げる事から始まる。その後15時には、追善供養をし、そのあと博物館内で講演会や映画の上映会をする」と伝えた。

 

(「ロシアの声」より転載)