ロシアの兵器生産工場 カラシニコフ名称に

有名な武器設計者であり、世界で最も著名な銃の開発者であるミハイル・カラシニコフ氏は、新しいコンツェルンを立ち上げ、それに自らの名前を冠するという考えを支持した。

「イジマシ」および「イジメフ」の二つの兵器工場を統合し、「カラシニコフ」ブランドにまとめるという考えは、ドミトリー・ロゴジン副首相が提案したもの。リアノーボスチ通信が伝えた。2012年11月、ウラジーミル・プーチン大統領がロゴジン副首相の考えを承認した。これによって、ロシア製銃のライセンスを持たない生産を削減することができる。

ミハイル・カラシニコフ氏は、「カラシニコフ」統合コンツェルンが出来ることによって、会社は新しい生産、経済、レピュテーションレベルに引きあげられえるだろう、と述べている。コンツェルンは前ロシアの知的、設計、高度技術を集約する場となる可能性もある。

 

(「ロシアの声」より転載)