モスクワ大学の寮で火災 

ロモノソフ名称モスクワ大学の学生寮の半地下で27日早朝、小規模な火災があり、およそ400人の学生が避難した。ロシア非常事態省モスクワ支部の報道部がリア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

治安機関筋が伝えたところによると、寮のBゾーンにある食堂で火災が発生したという。焼損面積は10平方メートル、火はすぐに消し止められ、現在、火災原因の調査が行われている。

(「ロシアの声」より転載)