ロシアは米国との関係発展に用意あり

モスクワはこれからも米国側の非友好的な措置への対抗を続けていく。しかし、ワシントンとの関係に関するロシアの立場の基本には、露米関係の発展への万端の用意がある。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はモスクワで開かれた記者会見で以上のように述べた。

外相によれば、モスクワは米国との建設的な対話と安定的な相互協力の発展に関心を抱いている。とりわけ投資、貿易経済関係、人的交流という部門において。一方で外相は、露米関係には複雑な問題が存在することも認めている。

(「ロシアの声」より転載)