ポルチーニ茸のスープ:復活大祭前の四旬斎にぴったり

復活大祭(パスハ)は、今年は4月12日だが、これは、その前の四旬斎にぴったりの料理だ。このスープにはポルチーニだけではなく、さまざまな茸を用いることができる。ロシア人はいろいろな種類の茸を採って乾燥させる。

字幕を”オン”するために を押してください

 復活大祭(パスハ)は、今年は4月12日だが、これは、その前の四旬斎にぴったりの料理だ。このスープにはポルチーニだけではなく、さまざまな茸を用いることができる。ロシア人はいろいろな種類の茸を採って乾燥させる。ポプラ材の茸、カバノキ材の茸、アンズタケなどだ。言うまでもなく、ポルチーニが最も貴重なものだ。それに夏場なら、スープのレシピに新鮮な茸を用いることも可能だ。そのレシピには多少の試みを行う余地があり、ジャガイモや麺類、大麦などを加えることができる。ここでは、スープの風味をよりこってりと濃厚にさせるためにタマネギをバターで炒めたが、断食期間中ならバターを使わなくてもいい。 

 調理方法は以下の通りだ。

 

材料:約200gの茸、200gのザワークラウト、タマネギ1個、バター100g、スパイスが必要だ。

もっと読む:

長い冬に似合う味

1) 水を張ったボウルに茸を入れ、2時間ほど水に浸してもどす。

2) その後茸を切る。

3) ザワークラウトをオーブンに入れて乾燥させ、こんがりとした色合いにさせる。

4) タマネギを細切りにしてバターでキツネ色に炒める。

5) 茸が入った水を沸騰するまで加熱する。

6) ここで茸が入ったスープにザワークラウトとタマネギを入れる。スパイスや塩を加え、弱火で30~40分で煮る。完璧な出来だ!

 

 ロシアのキッチンセクションで他の郷土料理もご覧になり、ぜひFacebookでコメントしてください。