ウクライナのイロヴァイスク:戦いの後の生活

ウクライナのロシア語圏のドネツィク州にある小さなイロヴァイスク町の住人がロシアNOWの記者に戦争の体験を語った。

 8月7日に始まったイロヴァイスクの戦いで、ウクライナ軍と親ウクライナ派の準軍事組織はイロヴァイスクをドネツィク人民共和国の独立派部隊から奪回しようとした。政府軍は町に入ると、ドネツィク人民共和国軍に包囲された。イロヴァイスクはウクライナのロシア語圏のドネツィク州にあり、人口は1万7千人以下である。しかしながら、イロヴァイスクは重要な鉄道中心地である。町は政府側と独立派に何度も奪われてきた。激しい戦いの後、ウクライナ政府と独立派部隊の両者がイロヴァイスクを支配していると宣言した。

もっと読む: ウクライナ東部の停戦の後で >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg