チョウザメの養殖

キャビアはロシア有数の名産品で、最低価格は1kgあたり1000ドルという途方もない高級品だ

 キャビアは世界有数の高級食材である。国際宇宙ステーションでは、“配送料込み”で1kgあたり1万ドル(約100万円)程する。「黒い金」とも呼ばれるこの魚卵は地球上の店頭ではそれ程の値段はしないものの、最低でも1kgあたり1000ドル(約10万円)する。低温殺菌されていないキャビアは9ヶ月程保つが、低温殺菌されたものは2年程保つ。

 ロシア最大のチョウザメ養殖業者は、モスクワからおよそ480kmのチェレポヴェツ市(ヴォログダ州)にある。隣に水力発電所がある為、温水を好むこの高級魚を、一年中養殖することができる。