ロシア人男性はなぜひげを大事にするのか?

ロシアNOWは、ひげを持つ男性に無作為に取材し、ひげに対する税金が今日課せられたらどうするか、質問してみた。

字幕を”オン”するために を押してください

 315年前、ロシア皇帝のピョートル大帝は、臣民にヨーロッパ風のファッションを浸透させる目的で、ひげを持つ男性から税金を徴収することにした。これに国民が必ず従うように、特別な金属製のしるしが採用され、ひげにつける印章として、ひげ税の納入証明の役割を果たした。