アメリカ人学生、ロシア・バレエに飛び込む

字幕を”オン”するために を押してください

 近年、米露の協力関係が一部後退しているなか、米国の資金によるロシア・アメリカ財団は、バレエと外国語のプログラムで文化交流を促進するとともに、ボリショイ劇場の最近のスキャンダルでイメージダウンしたロシア・バレエのイメージアップを図りたいと考えている。「私たち財団は、ロシア・バレエに大きな尊敬の念を抱いているので、このプログラムも非常に有効なものになり得ると考えています」。同財団副総裁のリナ・キルシュナー氏はこう述べる。