モスクワの空の下でトロリーバスがパレード

ロシアの首都で初めてトロリーバスの路線が運行開始した81周年を記念するパレードが開かれ、市立公共交通博物館のユニークな展示品が路上に繰り出した。

写真提供:タス通信、 ロシア通信、 音楽:Regis V.Gronof

 2014年11月15日、モスクワ市の市営公共交通会社モスゴルトランスは、数多くの珍しい車両を路上に送り出した。その中には60年も前に造られた車両もあれば、驚くほど近代的なモデルも含まれていた。

 この行事の日付は無作為に選択されたわけではない。最初のトロリーバスがモスクワの路上で運行を開始したのは、1933年11月15日のことだったからだ。車体構造は木製で、表面は金属で覆われ、その最高時速は、今日の標準では遅いとみなされる時速50キロだった。扉は手動で開かなければならなかった。

 パレードに参加した人たちは、横から傍観することもできれば、車両の内部を覗くこともできた。モスクワのトロリーバス運行80周年を記念した昨年の祭典には、13万人以上が参加した。

もっと読む:ロシアのレトロカー、投資家求む >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg