絵のように美しいチュイスキー街道の旅

 昨年、「ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー」誌のロシア語版は、チュイスキー・トラクトを世界で最も素敵な車の長旅10選の一つに数えて特集した (ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌、第42号、2014年4〜5月)。同誌は、この道路を米国のダルトンハイウェイやアルゼンチンの国道40号線と同じ格の道路とみなし、「チュイスキー・トラクトを横断するのはロシアを横断するのと同じことだ」とコメントした。

 昨年、「ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー」誌のロシア語版は、チュイスキー・トラクトを世界で最も素敵な車の長旅10選の一つに数えて特集した (ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌、第42号、2014年4〜5月)。同誌は、この道路を米国のダルトンハイウェイやアルゼンチンの国道40号線と同じ格の道路とみなし、「チュイスキー・トラクトを横断するのはロシアを横断するのと同じことだ」とコメントした。

ディアナ・セレブレンニコヴァ
世界で最もきれいな光景の道路トップ10に数えられる道を車で旅する。
 ロシアNOWは、ロシア人ジャーナリストのダィアナ・セレブレニコワ氏にこの道路の旅について印象を語ってもらった。
 「私たちはチュイスキー・トラクト沿いの1,500キロの道のりを3日かけて車で旅した。この短い旅では、様々な起伏の山々や、どこまでも続く野原や森林の眺めを満喫した。多数のラクダや羊が飼育されているのには驚いた。サルリク山脈で乗馬をしたり、タヴディンスキエ洞窟の中を歩き、アルタイ茶をたくさん飲んだ」
 「素晴らしいシベリアの自然を楽しむためにチュイスキー・トラクトを離れる必要はない」
 「チュイスキー・トラクトはロシアと中国をつないでいた由緒ある道路で (ビイスクにはこの道に捧げられた博物館がある)、現代では長さ630 kmの高速道路となっている」
 「旅行中の宿泊にはまったく支障がなかった。私たちは、かつてノヴォシビルスクに住んでいたが、農業を始めるために農村に移り住んだ素敵な家族に出会った。彼らは素敵なゲストハウスを運営していて、私たちはそこに1泊した」
 「雪に覆われた山の峰、大きな河川や曲がりくねった坂道など、思わず息をのむような光景がフロントガラスの先に現れた」
 およそ1,000キロにわたって曲がりくねった道路が続くチュイスキー・トラクトは、ノヴォシビルスク (モスクワから2,812キロ) を出発点として、アルタイ地方、アルタイ共和国へと伸び、そこからロシアとモンゴルの国境に向かって南下する。
 「どの移動手段を用いたかというと、クラスノヤルスクからノヴォシビルスクまで鉄道で移動し、そこから自動車に乗った。チュイスキー・トラクトの道のりでは、タヴディンスキエ洞窟、瀬民スキー峠、カラコルスカヤ峡谷や、チュイ川とカトゥニ川の合流点などに立ち寄った」
 「また、カトゥニ川沿いには居心地のよいモーテルもあった。近隣の湖まで乗馬する日帰り旅行のガイドツアーもある。車で行くほうが簡単だが、乗馬は素晴らしい体験になるので、時間と労力を費やす価値がある」
 この道路の歴史については、こちらで詳しく読むことができる。