中世の美術とファッションを組み合わせた驚異の写真

ロシア人写真家のアンドレイ・ヤコブレフ氏とアートディレクターのリリー・アレエヴァは、極めてユニークなファッション写真を撮影した。この一連の写真はIQONと呼ばれ、鮮明な凝った衣装と複雑な髪型、そしてカトリックの大聖堂内部の背景を組み合わせている。ステンドグラスの窓や宗教美術を背景とするモデルの衣装や髪の色、穏やかなポーズは際だって精巧で均整のとれた優雅さに満ちている。

ロシア人写真家のアンドレイ・ヤコブレフ氏とアートディレクターのリリー・アレエヴァは、極めてユニークなファッション写真を撮影した。この一連の写真はIQONと呼ばれ、鮮明な凝った衣装と複雑な髪型、そしてカトリックの大聖堂内部の背景を組み合わせている。ステンドグラスの窓や宗教美術を背景とするモデルの衣装や髪の色、穏やかなポーズは際だって精巧で均整のとれた優雅さに満ちている。

アンドレイ・ヤコブレフ撮影
 ファッションプロジェクトのIQONは、彫像のような優雅なモデルと凝った服を組み合わせたものだ。
写真: アンドレイ・ヤコブレフ。構想: ドミトリー・アゲエフ。写真修正: リリー・アレエヴァ。モデル: アンジェラ・オルセン、ミロ・ヴァレリア、シア・プロコフィエワ、マリア・ガルマシュ。ヘアスタイリスト: ドロレス・アカデミー・クリエイティブチーム。メークアップ: ダイアン・タラセンコ。スタイル: ガラ・ボルゾワ (ウエラ・プロフェッショナルズ)