動く写真で学ぶ、よだれの出るような料理教室

ある2人のロシア人写真家が、思わず見とれてしまうようなシネマグラフのレシピを制作している。これらのレシピでは調理プロセスが徐々に展開されていくのだが、それぞれのシネマグラフ(動く写真)では、視聴者を始まりも終わりもないかのような不思議な感覚にさせる無限ループの効果が発揮されている。/ シネマグラフ:洋なしとクルミのシュトルーデルの作り方。

ある2人のロシア人写真家が、思わず見とれてしまうようなシネマグラフのレシピを制作している。これらのレシピでは調理プロセスが徐々に展開されていくのだが、それぞれのシネマグラフ(動く写真)では、視聴者を始まりも終わりもないかのような不思議な感覚にさせる無限ループの効果が発揮されている。/ シネマグラフ:洋なしとクルミのシュトルーデルの作り方。

ダーシャ・ホロシャヴィナ撮影
「私たちはダーシャ・ホロシャヴィナとオリガ・コレスニコヴァの2人のチームです。私が写真の制作を担当し、オーリャが調理、私の助手役とデコレーションを担当しています」と、ダーシャさんは食べ物を魅力的でおいしそうに見せる秘訣を説明した。/ ジューシーで新鮮な梨をいくつか洗い、皮をむいて小さなサイズに切る。
「撮影を始めたのは今年の2月のことなので、プロジェクトはまだ始まったばかりです」 / シロップを作るには、まず鍋に水を入れる。
「通常は事前にプロジェクトを入念に企画し、撮影するシーンのリストを作成して私がビデオ撮影し、編集して、GIFイメージとして保存します」 / 砂糖を加える。そしてシロップと梨をとろ火で2分間ほど煮て、柔らかくさせる。
「私たちが手がけた最初のレシピはロシア料理のボルシチ(ビーフを使った伝統的なロシアのスープ)でした。それが始まりでしたが、当時の私はシネマグラフを作成するのが上手ではありませんでした」 / 生地(またはスーパーで購入したペストリーでもかまわない)をロールする。
「次に私たちは簡単な外国料理をより多く作り始めました。でも今後も必ずロシア料理を手がける予定です」 / 細かくすりおろしたクルミを冷ました梨にまぶす。
「私たちのポートフォリオの撮影プロセスは、最初から最後までとてもおもしろいものです。料理を選定するのは私たちで、おもしろいレシピを探します。撮影日はとてもおもしろいです。例えば人を撮影する場合や、大人数のプロダクションスタッフがいる場合はあまりストレスになりません。それが私たちのプロジェクトで自分が一番気に入っている点です」 / 卵をかきまぜてシュトルーデルに塗り、オーブンに入れる。
「もちろん、数多くの困難があります。どのシーンにも、液体が垂れ落ちたり、注いだり、かきまわしたりと、動く部分があり、偶発的に事が起きることは何もありません。特定の方法の動きを必要とする際は、必ずといっていいほど多くのテイクが必要になります」 / シュトルーデルを巻いて側面を覆い、上部に切り込みを入れる。
「機会は1回きりだとも言えるでしょう。1回でクリームをコーヒーに上手に注げなかったら、コーヒーを捨ててカップを洗い、もう一度注がなければなりません。20回以上繰り返すこともあります。スタジオ中がコーヒーや食器でいっぱいになってしまうのです。オリガの手が震えていますが撮影は終了です」 / オーブンで焼いたらカットし、キャスター糖をまぶして紅茶と一緒に楽しむことができる。