本を書き、自転車に乗り、自撮りをしたトルストイ

レフ・トルストイが執筆した全文学作品のうち、未完の評論、随筆や原稿も含めて174点が現存している。それだけの作品を量産するには、昼夜を問わず執筆しなければならなかったと想像するかもしれない。だが、トルストイの人生は驚くほど多様なものであった。 // シリーズ写真撮影:ウラジーミル・チェルトコフ、ヤースナヤ・ポリャーナ

レフ・トルストイが執筆した全文学作品のうち、未完の評論、随筆や原稿も含めて174点が現存している。それだけの作品を量産するには、昼夜を問わず執筆しなければならなかったと想像するかもしれない。だが、トルストイの人生は驚くほど多様なものであった。 // シリーズ写真撮影:ウラジーミル・チェルトコフ、ヤースナヤ・ポリャーナ

Κρατικό Μουσείο Τολστόι
トルストイの人生は驚くほど多様なものであった。
スケートをしたり、自転車に乗ったり、テニスをしたり、孫娘と散歩したり、ヤースナヤ・ポリャーナの敷地内で乗馬したり、テラスでくつろぎながら朝食をとるトルストイ。レフ・トルストイと周囲の人々が撮影された12,000枚の写真は、モスクワの国立トルストイ博物館に展示されている。 // 自転車の傍らに立つレフ・トルストイとソフィア夫人、1895年、ヤースナヤ・ポリャーナ、 写真撮影:ソフィア・トルスタヤ
このコレクションは彼の人生のほぼすべてを網羅するものだ。彼が若かった頃、写真という芸術は発展中だった。現存するトルストイの最も古い肖像写真は銀板写真である。 // トルストイ、1861年、ブリュッセル。写真撮影:E・ゲルゼズ
トルストイの人気が高まるにつれ、彼を撮った写真の数も増えた。彼は当時最も有名な写真エージェンシー、ロシアや国外の新聞、雑誌などにより写真を撮影された。1862年に、彼は自分自身を撮影した 。いわゆる「自撮り」である。 // レフ・トルストイ、『自写像』、1862年、ヤースナヤ・ポリャーナ
トルストイのほとんどの肖像写真は、ソフィア夫人によって撮影されたものである。彼女のカメラは、重要な出来事や日常生活の様子を捉えた。 // 1頭の馬が引くソリ、1903年、ヤースナヤ・ポリャーナ。写真撮影:ソフィア・トルスタヤ
彼女の写真からは、レフ・トルストイがスポーツに興じたり、家族や来訪者、著名文化人たちとくつろいでいる様子を窺い知ることができる。彼女はまた、自分の子どもたちや孫たち、そしてヤースナヤ・ポリャーナのお気に入りの景色も好んで撮影した。 // レフ・トルストイと娘のアレクサンドラ、1901年9月、クリミアのミスホルにて。写真撮影:ソフィア・トルスタヤ
トルストイの高弟で編集者のウラジーミル・チェルトコフによって撮影された写真が、同博物館のコレクションの重要な一部を構成している。彼はこの作家の精神的な力の複雑さを表現しようと試みた。チェルトコフは至近距離から一連の肖像写真を撮影した。 // シリーズ写真撮影:ウラジーミル・チェルトコフ、ヤースナヤ・ポリャーナ
このシリーズの一枚一枚の写真に、この作家の異なる表情が表現されている。心理的な描写の的確さという点では、この作家を題材とする傑作の絵画やグラフィック画像に引けを取らない作品もある。 // シリーズ写真撮影:ウラジーミル・チェルトコフ、ヤースナヤ・ポリャーナ
晩年のトルストイは写真を撮影されることを好まず、報道記者を嫌い、写真は貴族の気楽な趣味でしかないと考えていた。それでも報道写真家は写真を撮るためにねばった。 // 地元の公園で高弟ウラジーミル・チェルトコフの息子と共にスキットルズ(九柱戯)に興じるトルストイ。 1909年5月。写真撮影:T・タプセル
インスタントカラーカメラはこの作家の晩年頃に登場した。
展示会「トルストイの隠れた側面」は、モスクワ都心のプレチステンカ通り11/8番地の国立トルストイ博物館で2015年12月31日まで開催されている。 // 庭でスケートをするトルストイ、1898年3月、モスクワで。写真撮影:ソフィア・トルスタヤ