休業日のボリショイの華麗な姿

10月20日、ボリショイ劇場とInstagramの提携により、休業日にブロガーが劇場に招待されるプロジェクトが企画された。

 

 #EmptyBolshoi というハッシュタグがつけられた写真プロジェクトの一環として、16人の Instagram のロシア人ユーザーが、ボリショイ劇場での非公開のミーティングに招待された。このミーティングは同劇場の休業日に開催され、通常は人であふれかえっているホワイト・ホワイエ、インペリアル・ホワイエ、聴衆席などの空のホールで参加者全員が写真を撮れるユニークな機会となった

 

 

Фото опубликовано @sashalevin вкл. окт 10, 2014 at 8:00 PDT

 この記事が公開された頃には、Instagram のユーザーたちは #EmptyBolshoi のハッシュタグで37枚の写真を掲載していた。

 

 

 このイベントは、ボリショイ劇場の招待により催された。これは、その種のイベントとしてはロシアで初めてのものである。1万人から50万人におよぶフォロワーを持つロシア人 Instagram のユーザーたちがこのミーティングに出席。

 

 

Фото опубликовано @sashalevin вкл. окт 10, 2014 at 11:46 PDT

 

 彼らは特別な選定プロセスを経なかった。頻繁に様々なハッシュタグ・プロジェクトに参加し、インスタミートに顔を出しているアクティブな インスタグラマー(Instagram ユーザー)たちだ。

 

 

 Empty 運動は、インスタグラマーのデーヴ・クルーグマンの企画によりニューヨークで始まった。彼は、閉館時間帯で誰もいないメトロポリタン美術館での非公開ミーティングに他のユーザーを何人か招待した。そのイベントの終了後、参加者たちは #emptymet のハッシュタグを使って Instagram に写真をアップロードし、斬新で 珍しい角度からこの有名な美術館を紹介して見せた。

 

 

 #emptymet プロジェクトはすばらしい成功を収めたので、現在、この運動は世界中に広がっており、多くの企業は、開業時間外に Instagram の写真家に喜んで門戸を解放している。メトロポリタン美術館、コペンハーゲン国立美術館、そしてロンドンのロイヤル・オペラハウスが、すでにこのプロジェクトに参加している。

もっと読む: ボリショイ劇場の2014/15季発表 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg