SANTANI:恐いけど可愛いい手作りおもちゃ

少しばかり前、架空動物のおそろしくリアルなおもちゃが外国の各種ウェブサイト上で紹介された。恐ろしいのに可愛くおもしろいイメージがメディアの注目を集めた。

少しばかり前、架空動物のおそろしくリアルなおもちゃが外国の各種ウェブサイト上で紹介された。恐ろしいのに可愛くおもしろいイメージがメディアの注目を集めた。

<a href=http://santani.deviantart.com target=&quot;_blank&quot;> <u>Santani on deviantart.com</u> </a>
少しばかり前、架空動物のおそろしくリアルなおもちゃが外国の各種ウェブサイト上で紹介された。恐ろしいのに可愛くおもしろいイメージがメディアの注目を集めた。
このアーティストは可愛さの効果を完璧に駆使している。ディテールが驚くほど微細に施されている。これらのカラフルな動物たちは、1984年に製作 されたスピルバーグ監督の映画『グレムリン』に登場する同名の生き物をさらに可愛くした親戚であるかのようだ」。メディアはこのようにはやし立てた。
驚くことに、この人形をめぐる反響は、オンライン名 SANTANI で知られる23歳の制作者マリアさんの母国ロシアよりも、西側諸国での方が大きかった。マリアさんはモスクワ在住で、大学で美術史と評論を専攻し、最近卒 業した。だが、マリアさん自身は古代の高尚な美術よりも手作りの工芸の方を好む。
「操り人形を作り始めてから約7年になります」と彼女は語る。マリアさんは絵画(グラフィックス、水彩画)もする。また、テラリウム、動物学、鳥類学、美術史、神話学、さまざまな国のおとぎ話や、日本美術とアニメにも興味がある。
「この興味が生まれたのは、私がまだおもちゃで遊びたかったけれど、自分のニーズや内的志向に見合ったおもちゃが見つからなくなった頃からでした。何か別のことを試さなければならなりませんでした」
「当時私は14歳で、最初の手作りの作品はさまざまな動物やおとぎ話のキャラクターを描写した20〜25センチほどの高さの小さな人形でした。それ以来、自分の時間を人形、おもちゃや小像の製作に費やすようになりました」
マリアさんは自分の周囲のあらゆるものからアイデアを得ているが、特に自然、動物、植物や昆虫から大きな刺激を受けている。映画、アニメ、神話や本も彼女に多大な影響を与えた。
彼女のおもちゃはファンタジー風に作られているが、より現実的で生き生きとした人形になるように、彼女は一定レベルの自然さを加えるようにしている。こうしたアプローチに基づき、マリアさんは人形の表面のレリーフに集中する。
「私は毛皮、尺度、目や鼻の輝度、肌の透明度、特徴的なひだやしわの作業を入念に行います」。 こうした自然主義により人形がより表現豊かで印象深くなるため、多くの人は多少の恐れを覚えるほどだ。
「技法を組み合わせることはけっこうよくあります。すべての人形に柔らかいパッド入りの人工皮革や布地を用いますが、顔や手足はプラスチック製です」とマリアさんは秘密を明かす。
一番大事なことは、何もかもが手作りであるため、真心がこもっているということだ。このような人形の製作には2〜8週間を要する。「プラスチック製の小像、マスクや、ホラーやスティームパンク風の装飾も作っています」。 作品例は次のサイトで閲覧可能だ。