ロシアの最も過酷な仕事の顔

世の中には多くの職種があるが、なかには、全ての人には出来ない仕事がある。例えば、鉱山労働者になるためには、一日中地下で働くために、強靭な体力に加え、強い精神が求められる。しかし、ロシアの東部に住む人々の多くは、選択肢がなく、重労働をしなければ良い収入を得ることが出来な い。写真:トンネル鉱夫

世の中には多くの職種があるが、なかには、全ての人には出来ない仕事がある。例えば、鉱山労働者になるためには、一日中地下で働くために、強靭な体力に加え、強い精神が求められる。しかし、ロシアの東部に住む人々の多くは、選択肢がなく、重労働をしなければ良い収入を得ることが出来な い。写真:トンネル鉱夫

Roman Shalenkin
鉱夫は、最も危険な仕事のうちのひとつだ。採掘された鉱物資源100万トンにつき、平均4人の尊い命が失われる。写真:鉱夫、電力エンジニア長。ロシ ア、ケメロヴォ州にある小さな市、レニンスク・クズネツキー。
しかし、鉱夫は男性限定の職業だとは限らない。写真に写っているのは、生産品質管理部門で働いている女性鉱山労働者。彼女は定期的に鉱坑へ降りていく。ロシアのケメロヴォから139キロ南、インヤ川の右岸に位置するポリサエヴォ町。
写真に写っているのはロシアのオビ川沿いにある、アルタイ地方の行政中心地バルナウルにあるアルミ工場の鋳物士。鋳物士の仕事は非常 に複雑で、多くの場合、危険を伴う。非鉄金属の鋳物士には体力、正確な目と注意力が欠かせない。
溶接工は日々、感電、失明や、肺や聴力を損なう危険性にさらされている。写真:溶接工。モスクワから南西へ2236キロ、シベリアのオムスク。
冶金技術者の職は、6000年以上前からある。写真に写っているのは、岩やスクラップ鉄から金属を製造する冶金技術者。ロシア、ケメロヴォ州のノヴォクズネツク市。
写真に写っているのは、設計図に基づいて部品や製品を生産するフライス盤のオペレータ。シベリアの南西部に位置するノボシビルスク市。
写真:フライス盤オペレータ。トミ川沿いにあるトムスク。この仕事は、機械工学や金属加工の分野で最も重要な職業の一つだ。
写真に写っているのは、貨物の上げ下ろしをするスリンガー。バルナウルのシベネルゴマシュ工場。
写真に写っているのは、スプレー塗料で金属構造を塗装する女性。バルナウルのシベネルゴマシュ工場。
写真に写っているのは、ボイラーやその他の金属製品を集め、修理するボイラー技師。バルナウルのシベネルゴマシュ工場。