クリモのおもちゃや

木製の民俗芸術の物語を語るおもちゃ博物館
同社はクリモフスクの木製の民俗芸術の物語を語るおもちゃ博物館を作った。
クリモは1911年に創業したロシア民俗芸術事業であり、当初はポドルスク地区にある、バベンキの村にあり、1934年よりモスクワ地方のクリモフスクの町で営業している。
子供のための遠足はクリモフスクで開催されている。子どもたちは木のおもちゃの魔法の世界に入る。
ツアーは1940からの約200のアイテムがが展示されている博物館への訪問から始まる。
バギー、ピラミッド、動くフィギュア、そろばんなどの現代のおもちゃも展示されている。
現代のメーカーは忠実に民俗職人の伝統を維持し、国家遺産の工芸品を作り出す企業として登録されている。すべての製品は、環境に配慮した素材から作られている。
ツアーガイドは、業界の歴史と、丸太を鋸出来るところから、完成作品まで、製造過程を説明する。
おもちゃのワークショップでは、子どもたちが職人によって作成されたパターンを使用して、新しく組み立てられたおもちゃに色づけする機会を与えられる。
マスタークラスは、子供と大人の両方が受けられる。
遠足の後、ショップでクリモのおもちゃや、ホフロミ、グジェリ、フィリモノヴォ、ジョストヴォなど他の民芸品メーカーの製品を購入することができる。