RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH
ミス・ロシア2013 世界最北の砂漠、ショイナ

パレフ細密画にズームイン

  RBTH
Although the village of Palekh is only 250 miles from Moscow, it takes as long to drive there from the capital as it would to fly to Beijing: about 9 or 10 hours.
スクロールしてもっと見よう

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

パレフの村はモスクワからわずか400キロである。
With a population of 6,000, Palekh boasts some 600 artists, and the secrets of their art have been passed down from generation to generation.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

パレフの人口6000人のうち、およそ600人はアーティストであり、彼らの芸術の秘密は世代から世代へと受け継がれてきた。
The village appeared in the 15th century. Gradually, along the banks of the picturesque Paleshka River, grew a settlement inhabited by icon painters well known to the tsar’s court. They painted beautiful icons with countless details — “all the little things.”

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

村は15世紀に登場した。徐々に、絵のように美しいパレシュカ川沿いに、皇帝の宮廷で知られているイコン画家が住む集落ができた。彼らは無数の細部のある美しいイコンを描いた。「ささいなこと全て。」
Their work can be found in the churches in the Moscow Kremlin and in the Trinity Monastery of St. Sergius. In 1882, the Belousovs, a Palekh family of icon painters, decorated the Faceted Palace in the Kremlin.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

彼らの作品はモスクワクレムリンと聖セルギウスの三位一体修道院の教会で見つけることができる。
After the Bolshevik revolution of 1917 icon painters were forced to find other applications for their talents. They decorated wooden spoons, nested dolls (“matryoshkas”), boxes, dishes…

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

1917年のボルシェビキ革命御、イコン画家は、他の方法で才能を活かす必要に迫られた。彼らは、木のスプーン、マトリョーシュカ、箱や皿に装飾を施した・・・
All of this was in danger of dying out, but the artists managed to adapt and develop a new style. At an exhibition in 1923, the Palekh cooperative showed several of their small wooden boxes and dishes decorated with motifs from Russian folk songs.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

これらは全て、廃れる危機に瀕していたが、芸術家らは新しいスタイルを開発し、適応することができた。1923年の展示会で、パレフ組合はロシア民謡のモチーフで飾られた小さな木箱やお皿をいくつか展示した。
The result was a genuine renaissance. The work of the Palekh masters began to be exported, bringing the Soviet state hard currency. Their work even won prizes at the World Expo in Paris.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

結果は本当のルネッサンスだった。パレフの職人の作品は輸出され始め、ソビエト国家に外貨をもたらした。彼らの作品は、パリの世界博覧会で賞を獲得した。
In 1928, they began training new young artists to replace the old masters. In 1935, the Palekh Museum was created: a priceless collection of icons, lacquer miniatures, drawings, and paintings.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

1928年に、彼らは巨匠に代わる新たな若いアーティストの育成を始めた。 1935年に、イコン、漆のミニチュア、スケッチや絵画など、貴重なコレクションを含む、パレフ博物館ができた。
The motifs for these miniatures were typically taken from everyday life, classic works of literature, fairy tales, folk poems and songs. The work is usually done on a black background with decorations in gold.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

これらのミニチュアのモチーフは、通常、日常生活や古典文学、童話、民俗詩や民謡であった。作品は通常、金の装飾が付いている黒いベースの上で行われる。
The work is all done by hand. Each box must be oiled, primed, caulked and painted with black lacquer on the outside, red enamel on the inside — then dried and decorated. In Palekh we do not make copies; every box is unique. The final polishing is done with the palm of the hand, which makes the work truly unique. A miniature cannot be enlarged; therefore the artists use magnifying glasses.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

作業はすべて手作業で行われています。一つ一つの箱は、油を塗り、下塗りし、外側は黒漆、内側は赤のエナメルで塗って、乾燥してから装飾される。一つ一つは独特である。
Palekh fakes comprise 80-90 percent of the market. The law against piracy doesn’t work. Souvenir shops buy things from artists that have not passed muster with the experts.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

パレフの偽物は市場の80-90%を占めている。著作権保護法は効かない。土産物店では、専門家の目を通っていないものを仕入れている。
Today, every tenth resident of Palekh is a graduate of the Palekh Art School. There are only two schools of this kind in all of Russia. Every year 16 students graduate.

Evgeniy Ptushka / Strana.ru

今日、パレフの居住者の十人に一人はパレフ芸術学校を卒業している。ロシアでは、このような学校は二校しかない。毎年16名の学生が卒業する。
2013年3月5日
Tags: 文化, アート

もっと読む

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!