ロエフ・ルチェイ動物園

ロイター通信

 1021日、東シベリア・クラスノヤルス市郊外のロエフ・ルチェイ動物園。鳥類学部門の職員、ダリア・ジルノワさんは、トレーニングセッション中に、ロシアでは「サプサン」として知られている若いメスのアジアのハヤブサ、サパを放す。サパとその兄スカイは、動物園の職員によると、研究および来場者とのインタラクティブな交流のための野生動物飼育プロジェクトに関与しているという。