日本とロシアの諺:「急がば回れ」

画像提供:スヴェトラーナ・ゴンチャローワ/ジャパンハウス

 ロシアでこれに相当するのは、「慌てず急がず行けば道がはかどる(要するに、急がば回れ)」(Тише едешь - дальше будешь)、「急いては人の物笑い」(Поспешишь - людей насмешишь)など 。

 日本では、ほかに「急いては事を仕損ずる」等がある。

 ロシアでこの諺が生まれたのは、馬車や荷車で移動していた時代だ。いくら急な用件でも、焦って飛ばしすぎると馬が疲れたり、最悪の場合、斃死したりする可能性がある。ロシアの途方もなく広い原野で立ち往生した日には、野垂れ死にしたり、狼に襲われたりしかねない。

 字義は同じでも、その根底にある生活感覚は違うかもしれない。