「ロシア大統領」の求人広告あらわる

Reuters
 ロシアの求人サイト「スーパージョブ」に、「ロシア連邦大統領」の求人広告が登場した。どんな資格があれば応募できるのだろうか。

 大統領選が行われるのは、2018年。応募資格は35歳以上、性別、学歴、経験問わず。社会生活で積極的な立場を取っていて、愛国者であること。また、ロシア国籍を持ち、10年以上常にロシアに居住していて、少なくとも一言語の外国語を話せること。歴訪、外遊が多いため、しっかりと対応できる者でなくてはいけない。

 仕事内容は、連邦法、国際協定、恩赦の承認、軍事交渉など。待遇・福利厚生は、個人用の飛行機、国の住宅、ダーチャ(別荘)、クレムリンの内部を見渡せる自分専用のオフィス、渋滞のない交通移動など。採用、不採用の決定は、大統領選の結果で示される。

 「スーパージョブ」によると、大統領選に先立って求人広告を掲載するのは毎回のことだという。「大統領も職種であるということを周知したいだけ。そして大勢のロシア人が選ぶこともできれば、選ばれることもできるということを」と、「ロシア通信」に話した。

 

ロシア通信の記事を抄訳

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる