スマートに移動 快適さ演出

フロントガラスに投影されるナビのイメージ=「ウェイレイ」提供

フロントガラスに投影されるナビのイメージ=「ウェイレイ」提供

ウェイレイ 

 「ウェイレイのフロントガラスにナビ投影する小型機器だ。

 運転手には自動車の進行コースをくり返し映す線に見える。拡張現実感によって、映像がそのまま道路に映っているような印象を受ける。

 ナビはフロントガラス表面の70上を使うが、運転手がよそ見をしなくてもいいように、焦点は無限遠になっている。

 ウェイレイの位置情報はグロナスとGPSの衛星システムから受信される運転手に最も適な道を提案できるよう計を作成している析センターもある。

 ウェイレイがすごいのはビだけではなく、ソーシャル・ネットワーサービスや位置情報サービス統合されていることだ。

 自動車の速度が落ちると、最寄りの建物に関するデータが表示されたり、ーシャルットワークを通じての運転手とつながったりできる。

トランスネット

 「トランスネット」は安くて環境に優しい、人と貨物の軌道輸送車だ。

 プロジェクトの基本になっているのは、エンジニアであるアナトリー・ユニツキー氏のストリング輸送技術。
高さ6~15㍍に設置された高張力ストリング軌道の上を、さまざまな種類の車両が走行するシステムで、交通、情報、エネルギーの統合インフラである。ユニツキー氏によると、軌道が高い場所にあることによって、建設コストをえ、環境を守ることが可能となり、置地域の邪魔にもならないという。さらに高い安全性を保証できるとしている

 交通機関の事故は、動物、木などと同じ高さにあることで起こってしまうからだ。アスファルト上で果たすクラッチのタイヤへの作用とは正反対のシステムがニバス(ユニツキーのバスの意)に用されている。

メディアキャブ


 
 「メディアキャブ」は乗客がペイメント・カードを使ってタクシー代を支払えるサービスだ。

 支払機とタクシー用車両を統合しているところがポイント。


 支払機は車の前部座席と後部座席に設置されていて、乗客は自分で支払いを済ませることができる。メーターと連結しているため、タクシーが目的地に到着すると、タクシー代が表示される初から固定されているのでこれを外したりすることは不可能だ。

 タクシーには最新式のカードリーダーが設置されており、まざまなカードを機械に通すことで、簡単に支払いを済ませることができる

 将来的には携帯電話からの支払も可能になる。コンスタンチン・シードロフ最高経営責任者は2~3以内にモスクワだけで約15000のタクシーに入させる目標を立てている