モスクワが不動産投資TOP10入り

2012年第4四半期のモスクワの不動産投資額が、ワシントンの額と同等の30億ドル(約3000億円)で8位に入った。またこれにより、不動産市場への投資額世界上位10位以内に、初めてランクインした。
コメルサント紙撮影
コメルサント紙撮影

 首位はニューヨーク、東京は7 

 これはアメリカの不動産運営会社「ジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle)」が発表している「投資活動が最も活発な都市」ランキングで、既に竣工した物件の売買に基づいている。これによると、モスクワは30億ドル台 でワシントンと並び、それぞれ8位と9位を占めた。

 首位は99億ドル(約9900億円)のニューヨーク、2位は88億ドル(約8800億円)のロンドン、3位は56億ドル(約5600億円)のパリ、4位は47億ドル(約4700億円)のソウルだ。東京は32億ドル(約3200億円)で7位になっている。

 

 ロシアの9割以上がモスクワ 

 ロシアの2012年度不動産市場投資額は、過去最高の87億ドル(約8700億円)に達したとジョーンズ・ラング・ラサールは報告している。それでも、他の ヨーロッパ諸国に比べると、それほど大きな額ではない。ロシアはまた、投資家の関心が首都に集中しているヨーロッパ唯一の国だ。国の全投資額のうち、モス クワの占める割合は90%以上である。一方でロンドンは全体の59%を占めるにとどまっている。

 ジョーンズ・ラング・ラサールのロシア・CIS地区取締役であるトム・デボンシャー・グリフィン氏によると、ロシアの不動産への投資額は現在、GDPの0.4%にすぎないため、ロシア市場には大きな成長の可能性があるという。

 

 *記事全文(露語)

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!