極東でソバを栽培

ロシアの沿海地方、そばの畑 =Shutterstock撮影

ロシアの沿海地方、そばの畑 =Shutterstock撮影

ロシア極東地域でソバの栽培を始めた中堅商社のイービストレード(東京都千代田区)が注目を集めている。デジタルメディア、環境、自動車などの事業を国内外で展開して業績を伸ばしている総合商社である。ロシア部門であるトラストレード事業部の山田康夫部長と松尾泰寛課長に、ロシアでの農業ビジネスの可能性などについて聞いた。

ソバの生産規模はどれぐらいですか

  松尾泰寛課長 沿海地方の複数の農家と契約し、200㌶弱の農地で、約200㌧を生産しました。昨年は実験的な位置づけでしたが、今年は面積を倍にします。5年先には3万㌶規模を狙っています。これは日本のソバ需要の2割強に相当します。

 

どんな経緯でしたか

  山田康夫部長 食品商社の新糧さんから話をいただきました。日本で流通しているソバの大半は中国からの輸入品です。新糧さんは調達ルート多角化の一環でロシアでの生産を検討しておられ、金融機関の仲介で一緒に仕事をすることになりました」

 

山田康夫、トラストレード事業部長

ソバ栽培の経験は

  松尾氏 未経験です。前年までに別件で菜種の試験栽培をやっていて、農家に人脈ができていました。また、ソバは丈夫で比較的育てやすい作物です。

 昨年は作物自体は問題なく育ちましたが、残念ながら刈り入れ期が異常気象となり、雪が積もって、収穫がわずかしかできませんでした。しかし、育つことが確認できたことが大きな成果で、有望な事業と考えています。今年は刈り入れ後、乾燥させて日本に出荷する段階まで進めるでしょう。

 

未経験の事業でも積極的ですね

  山田氏 私たちが重視するのは新奇性です。新しくて、なおかつ市場性が見込めるなら、これまでの経験にこだわらずに事業に進出します。ソバで言えば、我々は農業のプロではありませんが、専門家のいる新糧さんと一緒に取り組む。ロシアに人脈や販売ノウハウを持つ点が私たちの強みです。

 

農業以外も幅広く手がけていますね

松尾泰寛、トラストレード事業課長

  山田氏 ロシア部門の売り上げシェアで大きいのは、中古車を中心とした車関連、化粧品類、タイヤなどです。当社が日本製品を扱う時には、パンフレット一つとっても、日本版の単純な翻訳ではなく、ロシア人の感性に響くような内容に作り直します。売り込み先の地域としては極東やシベリアを得意としていて、ウラジオストクには昨秋に駐在員事務所を設けました。

 

日本企業のロシアへの関心も、以前に比べて少しずつ増えている。相談だけでもお金になるのでは

 山田氏 当社はコンサルタント会社と違って、相談だけで料金を取ることはありません。有望な案件を実際に一緒に手がけて、事業から収益を得るという方式です。緊張感が常にあり、やりがいがありますよ。世の中を驚かせるような、新しい案件を手がけたいと考えています。