「ロスネフチ」が中国に融資を依頼か

沿海地方、ナホトカ市ターミナル 写真提供:http://www.rosneft.ru

沿海地方、ナホトカ市ターミナル 写真提供:http://www.rosneft.ru

ロイター通信によると、ロシアの国営石油会社「ロスネフチ」は、中国の国営石油・天然ガス会社「中国石油天然気集団公司(CNPC)」から融資を受け、その代わりに中国向けの石油輸出を2倍に拡大することで、話を進めているという。「ロスネフチ」代表団は来週中国を訪問し、その際北京でこの協議を行う。

「ロスネフチ」が中国への石油輸出を拡大するという情報は、1月初めにマスコミで伝えられていた。同社によるロシアの石油会社「TNK-BP」の買収にあたり、資金調達が必要なことが、この協議と関係している可能性がある。「TNK-BP」は、イギリスの大手石油会社「BP」と、ロシアのコンソーシアム「AAR」が折半出資している会社だ。

ただロシアの商業銀行「ライファイゼンバンク」のアナリスト、アンドレイ・ポリシチュク氏は、「ロスネフチ」がすでに総額310億ドル(約2兆9000億円)の融資を受けることで複数の銀行と契約を済ませていること、また100億ドルから150億ドル(約9000億円から1兆4000億円)をトレーダーから前払いで受け取る可能性があることなどを理由に、協議との関係性には疑問を示した。「『TNK-BP』の買収には約450億ドル(約4兆2000億円)が必要だが、『ロスネフチ』の保有残高を考えれば、すでに買収には十分足りている」。

同氏によると、仮にトレーダーが前払いを拒んだとしても、100億ドルから150億ドル(約9000億円から1兆4000億円)の融資を中国から受ければ、十分すぎるほどになるという。「インテルファクス」ニュースによると、「ロスネフチ」の現在の利率はライボー(LIBOR)+0.35%~8.49%だが、新たな融資はライボー+2.5%になるという。中国がより自国に有利な利率を提案する可能性があると、ポリシチュク氏は考える。

 

記事全文(ロシア語)