国際陸連を解体すべきとの意見も

女子走り幅跳びのダリヤ・クリシナ、2011年8月=

女子走り幅跳びのダリヤ・クリシナ、2011年8月=

EPA / Vostock-photo
 国際陸上競技連盟(IAAF)は9日、2016年リオデジャネイロ夏季五輪および他の国際大会に個人で出場したいと申し出たロシアの陸上選手を、却下した。

 却下されなかったのは、女子走り幅跳びのダリヤ・クリシナのみ。ロシア国外に定住し、ドーピング検査を受け続けるというIAAFの基準を満たした、136人中唯一の選手である。

 IAAFの決定により、ロシアの陸上選手は、ロシア・オリンピック委員会によるスポーツ仲裁裁判所(CAS)への集団提訴に期待するしかなくなった。判決が出るのは7月21日。

 

推定無罪はなし

 ロシア・オリンピック委員会は、IAAFの決定を予想通りとしている。「混乱はない。一層積極的にならなくては」と、ロシア・オリンピック委員会法務課のアレクサンドル・ブリリアントフ課長はタス通信に話した

 ロシアのヴィタリー・ムトコ・スポーツ相は、「違法行為に走った」IAAFを解散させるべきだと、より感情的に反応した

 2015年世界陸上北京の男子110mハードルで金メダルを獲得しているセルゲイ・シュベンコフは、交流サイト(SNS)「フェイスブック」の自身のページで、IAAFのダブルスタンダードを非難した。それによると、2015年8月から尿の検体10体をスウェーデンにあるIAAF実験所に送っているが、ロシア国内での検査は十分に信用できるものと認められてないという。「僕はロトチェンコフ元所長やユリヤ・ステパノワ、他のスキャンダル/陰謀/調査とは無関係。ロシア国籍を持っているというだけで、無実を証明しなければならないんだ」とシュベンコフ。

 五輪金メダルを2個獲得している女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワは、このように話した。「IAAFには推定無罪というものが存在しない。ロシアで誰が潔白なのか、誰がそうでないのかを、IAAFは証明できていない」

 

クリシナに非難の矛先を向けるネット民も

 SNSのユーザーの中には、早々にクリシナを非難した者もいる。クリシナは自身のフェイスブックで、他の陸上選手との連帯を示すことなく、また愛国心も示さずに、IAAFへの感謝を表明した。

 非難の波が襲ったことで、クリシナは自分の立場を説明しなければならなくなった。「何も今アメリカに行って、アメリカ人コーチに師事したわけじゃない。アメリカに行って3年たってる。私に怒りをぶつけて、国の裏切り者と呼ぶなんて、間違ってる...リオ五輪に行けるのが私一人じゃないことを、最後まで願ってるわ。誰もが集団として出場したいと思ってるのだから」とのクリシナの言葉が、「全ロシア陸上競技連盟(VFLA)」のウェブサイトに掲載されている。

もっと読む:潔白なトップアスリート4人>>>