メドベージェワが世界選手権で金

エフゲニア・メドベージェワ=

エフゲニア・メドベージェワ=

EPA
 ロシアのフィギュアスケート女子シングルのエフゲニア・メドベージェワ(16)は、アメリカ・ボストンで開催された「ISU世界フィギュアスケート選手権大会2016」で優勝した。

 ショート(73.76)とフリー(150.10)の合計点は223.86。

 メドベージェワのフリーのポイントは世界新記録。これまでの世界記録は、韓国キム・ヨナが2010年バンクーバー冬季オリンピックで獲得した150.06ポイント。

 銀メダルを獲得したのはアメリカのアシュリー・ワグナー(24)で、合計点は215.39。銅メダルはロシアのアンナ・ポゴリラヤ(17)で、合計点は213.69。エレーナ・ラジオノワ(17)は合計点209.81で6位だった。

 日本勢は宮原知子が210.61ポイントで5位、浅田真央は200.30ポイントで7位、本郷理華は199.15ポイントで8位。

 今回の世界フィギュア全種目を通じて、ロシア勢が獲得したのは、メダル2個であった。

 2015年の上海の世界フィギュアでは、エリザベータ・トゥクタミシェワが優勝していた。

 メドベージェワは昨年12月のグランプリ(GP)ファイナル、今年1月のヨーロッパ選手権でも優勝している。

記事全文(露語)

関連記事:

タラソワ「羽生は天才中の天才」>>>

メドベージェワの日本愛:ジブリ映画から羽生選手まで>>>