冬の祭典 あす開幕

アレクサンドル・ヴィリフ撮影/ロシア通信

アレクサンドル・ヴィリフ撮影/ロシア通信

世界の人々はソチ冬季五輪(15競技98種目)の中継を見て驚くだろう。最先端技術を誇るスタジアム。カフカス山脈のスキーリゾートからの息をのむような眺め。亜熱帯植物ヤシの木に囲まれたオリンピックパークなどに圧倒されるかもしれない。元々は夏の保養地だったソチを冬季五輪開催地に変容させる開発は壮大な事業だった。ソチ五輪を通じて「新たなロシア」を世界に披露することになる。開幕は2014年2月7日の20時14分である。(日本との時差は5時間。日本が進んでいる) 

 ソチが2007年に五輪開催地に選ばれた時、韓国の平昌(2位)とオーストリアのザルツブルク(3位)の方がよりふさわしいではないか、という声があがった。確かにソチには何もなかったからだ。

数字あれこれ

17日間
 チ五輪開催の日数(2月7~23日)。パラリンピック9日間で3月7~16日。
85カ国
 チ五輪の参加国の数。パラリンピックは45カ国。
98の金メダル
 ソチ五輪で98の金メダルを競い合う。ラリンピック72の金メダルを争う
30億人
 世界中でチ五輪をテレビで観戦する人の数。

 

  開会式と閉会式の会場となるフィシュト・オリンピックスタジアムを含むソチの施設の多くは2014明けても上げの最中だった

  その結果、開会式は世界だけでなくロシアのオリンピック実行委員会にとっても、神経が高ぶる劇的な瞬間となりそうだ。 

 スキージャンプのエリアは幅な遅れとコスト超過を経て、つい最近完成したばかりだ。そのコスト超過はあまりにも法外たため、プロジェクト任者は全国放送のテレビで公にプーチン大統領から責を浴びた。

 冬五輪催都市としてソチを選ぶことでロシアが成し遂げたとは、従来型のモデルをしたということである。

 従来型五輪米国カナダやヨーロッパで開催にみられたように、季リゾート地に改良を加え、上げ法だ。

 一方シアロシア版リビエラ」と称された。のリゾート地としての知名度高く、アルペンスキーの伝統存在しないソチら始めのだ

  10年前、ソチには世界クラスのスキーリゾートは皆無だったが、プーチン大統領がクラスナヤ・ポリャーナ山岳地帯をキーリゾートにした途端にすべてが変わった。

 ロシア人の富裕層チのスキーリゾートを選うにするため、巨額の用が投じられた。

 最高峰ローザ・フには世界最長の一つ数えられる標高差が大きく離れたコースがあるれは西欧米国スキー専門家の助力計された


超現実的な場所!

もっと読む:


ソチの噂と事実

 ソを訪れた国代表スキー選手たちはソチはロシアが突然山岳地帯に冬季のディズニーランドを作ったかのような超現実的な場所だ証言した。

 一方で、500億ドル兆円いう膨張し続けるコストが指摘されたこのコストは五輪上最も高いものである。

 西側の批評家、まんする腐敗とロシアのビザンチン帝国にふさわしい官僚制度のせいだという。

 ソチが近年冬季五輪で大規模かつ最も豪華なオリンピックになることに疑いの余地はない。

 

6月にはG8サミット

 今年月にチは8サミット(主要8カ国首脳会議)の会場となる。以降に始まる新たなF1グランプリイベントも予定されている。そしてフィシュト・オリンピックスタジアムは、18年にロシアで開催されるサッカーワールドカップの催地一つなる。

もっと読む:


開催決定から6年半

 新興大国国際イベント目白押し京(08夏季五輪、南アフリカ(10ワールドカップそして12年のロンドン(夏季五輪)をはさんで回のソチさらにブラジル14年ワールドカップ、16夏季五輪韓国・平昌(18年冬季五輪続く。20年の東京夏季五輪の後には22年にタールールドカップが予定される